.

初めて取引する時という場面では何よりも事前準備をしなくてはいけません。

トレードを始める前であるならば物事を客観的に見つめる事が可能です。

だがしかし、ただ一度マーケットの内側に足を踏み入れると、どうやっても物の見方が偏ったものになりがちで状況によっては適切な見方がわからなくなるリスクを負います。

それだけに頭が落ち着いているうちに正しく準備を進めておくことが必要です。

その”準備”のためにはまずは自分のストーリー展開を考える事から行います。

明日からの投資状況はこうなってああなるから、ランドをエントリーするというような自らの物語を描いていきます。

その次はチャートを確認しましょう。

以前のレートの動きを見つめて今の位置を調べます。

そうしたら、「かなり高すぎる水準になっているな」とか、それとも「もうたくさんの人が売買しているからこれから遅れて買い(または売り)してももう間に合わないな」ということが分かってきます。

もう取引するのが手遅れだなと思ったら仕かけないで、そこはきっぱりと割り切ることが肝心。

どうあがいても自分なりの台本を押し通して、無理に取引すると、相場にやられて、逆に損失を被ることになる危険性があります。

とは言っても多くの場合では緻密な自分のストーリー展開を作り上げているとすれば、買い(または売り)が遅いなという場面にはならないだろう。

おそらく、明確に市場が動意づく前のはずだから。

その次にとりあえずはあなたがとろうとしているポジションの上下の動きをきちんとチェックすることが肝心。

仮定としてドル高が進むはずだという物語を描いたのであれば該当する外貨の上げ下げに用心しておきます。

外国為替相場の上げ下げを注目し始めた状態では、まだドル円は大きく推移する素振りを見せず上がったり下がったり小幅な変化を繰り返しているだけでしょう。

ところが、その上げ下げを正確に確認していると、あるポイントで少しずつドル高へと外国為替市場が変化し始めます。

このタイミングでやっと、ドル買いの取引します。

通常は、そこまで注意深く準偏をしておけばそのエントリーで勝てる割合は割合高くなります。